魔法の杖を作りたい!素朴な木のワンドの作り方【ニス塗り編】

 

前回の作業を終えて、
なめらかですべすべした握り心地になりました

 

今回は、それにもう一手間を加えてみましょう。

 

前回の終わりでも書いた通り、

好きな色でコーティングしたり、

無色のニスを塗ってカビが生えるのを予防したりする工程『ニス塗り』です。

 

 

 

●目次●

・ニス塗りで必要になるもの

・ニス塗りのやり方

 

 

 

 

●ニス塗りで必要になるもの●


 

前回同様、準備編で紹介したものに付け足す形で挙げていきます。

 

・好みの色の水性ニス

ホームセンターや百均で売っています。
今回は百均で購入したものを使っています。

 

・ニスを塗る筆やハケ

ちゃんとした物でなくても、安い絵筆でも大丈夫です。
これも百均で購入しました。

 

・クリアファイルまたはクッキングシート

ニスを塗った後の杖を置いて乾かすためのものです。
クリアファイルに乗せられないサイズはクッキングシートに乗せたりします。

 

・紙コップ

これにニスを入れて薄めたり、筆が乾かないように水を入れたりする。
筆の置き場に困った時のためにも大変たすかる。実に色々な用途がある。

 

 

 

●ニス塗りのやり方●


 

それでは、ニス塗りのやり方を説明していきます。

まずは、振って中身を混ぜます。

そして、紙コップに使う分を取って濃さを調整します。
わたしはこのままで良いと思ったので、そのまま瓶から直接ニスを取っています。

筆やハケで塗っていきます。

ニス塗りは、薄く塗ると乾かすのも早いですし、綺麗に仕上がります。

もっと濃い色にしたい場合は、薄く塗って乾かすことを繰り返します。
私は今回は二回繰り返しました。

 

 

塗り終わるとこんな感じになります。

深みのある色合いになりました。

ニスの種類によっては、明るめになったり、つや消しだったり色々な結果になります。

色々な種類のニスを比べてみるのもまた楽しいのでおすすめです。

 

 

 

全体図はこんな感じになります。

 

 

 

 

 

●ニス塗り編の終わりに●


 

まとめ

・ニス塗りをするときは、薄く塗ると早く乾くし綺麗に仕上がる

・木の種類によってはラベルと違った色合いになることもある

 

 

 

素朴な木の魔法の杖の作り方は、
いったん、ここで一区切りになります。

 

本当に素朴な杖です。
余計な飾りは一切つけない場合はここで終了となります。

世界にたったひとつだけの自分の杖です。
どうか、大切にしてあげてください。

 

 

 

 

ですが、

もうちょっと飾りが欲しい、そう思ってしまったりも。

 

そんな訳で、

次回は、木の素朴さを失わない程度に装飾をしてみたいと思います。

 

→『簡単な装飾編1』へ続く

 

 

 

 

 

執筆者:ゆうのめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です